占い師椿か夜のOfficial Web Site



占い師 椿か夜

古典骨相から抜粋
【法令線占い】明治・大正の占いを楽しもう!

法令傳(ほうれいでん)

法令線とは人間の財運をみるところであります。
財を見る部分は鼻と鼻のまわりです。
末広がりの八の字であるのが好ましいです。

全12回連載とし、第9回は不信法令線です。



法令線

その9 不信法令線

このように法令線の筋の間が狭くて長いものは老いてから子孫を尅し食事は心に任せることができなくなります。
或いは食道や胃などを痛める病になりやすい。
不仕合せである。



法令線

思うに、法令線のこの図の法令が鼻の年上の部分からはじまっている。

上図はほうれい線の位置を現す図、下図は人相における法令線周辺の象意配当図であります。
ちょっと、水難の部分と食物の部分の色合いで気持ち悪くなってしまいました、すみません。

法令線

法令線の周辺以外である頬は今回は省略しました。

頬の部分がしっかりしておりますと面倒を見てくれる人に恵まれます。
詳しくはこちらの部下運を見る人相、それは奴僕に書きました。


さて、【法令線周辺の人相配当図】を見ていただきますと、黒い部分が病気をあらわします。
法令線の起こりを見るのは鼻の位置でありまして、どの位置からのスタートかが人相の吉凶を見てゆくポイントとなります。

鼻の横の部分は衣服や金銀の所持運をみます。
衣服や金銀の場所にビジネス運を見る法令線があるのだから良いんじゃないの?
と思われるかもしれません。

しかし、其の場所に筋や傷や痣などがありますと宜しくないのでございます。

法令の筋の起こりは鼻で見ますし、小鼻の上から出てくるのが正しい法令線となります。

法令が長いと良いと私は以前もうしました。

こちらの法令線は長くそれが凶であると書かれてあります。
もう一度。【法令線周辺の人相配当図】を見ていただきますと、顎の下、アイーンとかアントニオ猪木さんとかの物まねをするときのしゃくれ顎をしてみてください。
あなた様の顎が出ます。

顎がでましたら顎と顎ではない部分の境目がわかります。
大体は顎まで到達する法令線は水難の場所に到達しています。

良い法令は長くとも八の字の如く末広がりが良いのであります。

次に、何故この法令線が「老いてから子孫を尅し食事は心に任せることができなくなります。

或いは食道や胃などを痛める病になりやすい」のかを椿か夜視点で解明してゆきます。


なぜ老いてから子孫を尅して食事は心に任せられないのか?

これは、法令線が狭いというのは狭いと口にかかりやすくなるのです。
年を重ねる事に口に入りやすくなってしまいます。
口に入る法令線というのは大抵口の災いがあります。
また、法令が狭いというのは損失多い法令線に成りうるわけです。

心狭くなりますと、可愛くないのですよ。
意地悪ばかりの年寄りは疎まれてしまいます。

意地悪をしている本人は意地悪ですから意地悪も沢山思いつくのです。

憎らしい相手に対して、アレしてやろうコレしてやろうとなりますと、自身が想像している事も相手は仕返ししてくるのではないかと心配になるものです。

テレビやネットや娯楽本の中には、嫌いな上司や先輩の飲み物に雑巾の絞り汁を入れるなどという自分がやられたら憎憎しい事をわざわざ仕返しにすると見たことがあります。

きっと、普段からそのような卑劣なことを隠れてしているので、食事を相手に任せられないのであります。

この相は明治大正の本を参考として私がピックアップしたものをこのサイトに掲載しております。
男子は食事は女に任せており、自分では作らない時代です。
監視も老いてはなかなかできないものです。

年を老いてから体が動かなくなって、食事に何を入れられるかわからない環境になる前にいまから家族と仲良くしておくのが良いです。

なぜ食道や胃を痛める病にかかりやすいか?

神経質になりやすいのが特徴です。
法令の起こりが鼻の病気の部分から出ています。
人相的にはその辺は胃が悪いのです。肺も悪いです。

もう少し下ですと、今度は厄が悪い場所となります。
寿命の吉凶を見る部分からの開始が法令では良い始まりとなります。
鼻の小鼻に入ってしまうとまたよろしくありません。

咳をする病にかかりやすいとの説もあります。
気管支の病にかかりやすいのかもしれません。

とにかく、よく笑い、穏やかに過ごす生活をすることで回避を心がけるべき相でもあります。



2015年11月15日の記事はここまで。


[不信法令線についての補足]

法令線

口の災いが起こる法令線は口に線が直接向かっている状態です。

今回の法令線は始まりが年上からであり、疾厄の部分から始まっているのが問題であります。

その為、失うものが人も物も大変多いのです。

2015年に書きました内容を読み返し、現在の私の読みとしましてはこのほうれい線は意外と悪くはないと思います。ほうれい線が長いからです。考え方を変えなくとも笑顔を作る事で自然と人格も変わり、ほうれい線が整ってくるのではないかと思いました。

このほうれい線の何が問題かといいますと始まりの場所です。要するに失う事が人も物も大変多いので、だれも信用できないのであります。環境を変えて信じられる人々と共に過ごす事で大きく変わるでしょう。

ほうれい線シリーズすべて鼻と口を同じ画像を使っているのでわかりにくくなっているとは思いますが要するにこんな感じの口に触れるぐらいの法令線です。

法令線が口に触っている感じで、始まりが疾厄の部分になります。

このような法令線を持っている場合は環境を変える事をおすすめします。



補足の書き足し:2022年6月30日



人相・法令傳一覧

対面占いの申し込みはこちら

電話占いの申し込みはこちら

ご予約可能日一覧

占い師椿か夜の自己紹介




[広告]